トップページ

    このサイトでは名古屋市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「名古屋市で中古車を高い金額で買取をしてくれる買取業者はどこなんだろう?」と感じている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店で調べてみてください。

    中古車を高価買取してもらうために大切なことは「名古屋市対応の複数の車買取専門店で査定の依頼をする」ということ。1つの業者だけとか近所のディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので考え直してください。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。名古屋市に対応している複数の車買取店からの査定額を比較できるので、名古屋市での買取額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大50社へ中古車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、名古屋市対応で使うのはタダ。

    「車を少しでも高く売りたいから名古屋市の車買取業者に査定をしてほしいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が流れない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという安心して使える一括サービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、名古屋市で数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者がすぐに見つかります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込むと名古屋市に対応している複数の買取店から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車相場が提示されるので、「数年落ちの中古車の買取相場っていくらなの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後は名古屋市にあるいくつかの車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    名古屋市に対応している中古車買取業者から電話がかかってきた時は1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ってきた中古車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社が中古車の査定金額を提示してくれるので、最高の買取価格を出してくれた車買取店にあなたが大切に乗ってきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10業者が車の査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比べることができるので、名古屋市にある複数の中古車買取業者に依頼をして数年間愛用してきた車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    中古車の査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントが溜まるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用した車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのはありがたいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、名古屋市に対応している最大10業者があなたの愛車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定を使った場合の価格差が分かりやすく表示されているので、一回見てみることをおすすめします。







    中古車を査定するときに絶対必要になってくる国家資格はないのですが、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

    中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと取れませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということの証明になると言って良いでしょう。

    プロのスキルを持った中古車査定士には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくて事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、口からでまかせを言ったことが災いして担当者との信頼関係はもう絶望的になるでしょう。

    結果的に、厳しい見積額を提示される可能性が起こっても仕方ありませんから、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

    買取希望の中古車の見積額が低下してしまう主要な原因は幾つか存在しますが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    ケースによっては0円にまで下がってしまう時もあるのです。

    そうは言っても、事故などで修理してしまうと必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、大きな傷跡を修理して直してものを修理歴車と呼んでいるのです。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

    簡単ですし代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より買値は安くなりがちです。

    あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。

    少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    いつでもどこでもアクセスできるのがウェブの中古車査定一括サービスです。

    一店ずつ回ったら相当な手間になる複数業者の査定額を1度の手間で手に入れることができるので、比較検討が格段にラクになります。

    けれども欠点を挙げる人もいます。

    それは電話連絡です。

    夜遅い時間に査定サイトに登録したところ、24時間対応の業者などから深夜に電話が殺到したりする可能性もゼロではありません。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、無難な連絡先を指定すると良いでしょう。

    車を売却して業者から代金が支払われるのは、その車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、ひとつでも書類や印鑑などが欠けていたら契約は不可能です。

    売却代金を早く受け取りたいと思ったら、売る決意が固まった段階で、査定を依頼する以前に必要書類を集めておくと良いでしょう。

    必要な書類は軽自動車と普通乗用車の場合とで異なりますから、注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    普通の売却と違って必要な書類も多いですし、相当な労力と時間がかかることは否めません。

    車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    さらに、定番カラーであるシルバーはボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

    これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、プラスの評価をつけてもらうのは厳しいです。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間に流行が廃れているかも知れないからです。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、査定時にプラス評価が付きます。

    でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに自動車を売る前に車検をすることは無意味といって良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。